車の運転

日本人は親切でおとなしいという海外でのイメージがあると思いますが、車に乗ると人格が豹変しますよね。クラクションは基本鳴らさないのですが、そういう人は心臓が止まるかと思うほどのクラクションを鳴らします。

この二面性はどの民族にもあるとは思いますが、車社会の発達している国では特に著しいのではないでしょうか。先日チリのサンティアゴに行きましたが、そこではクラクションが鳴りっぱなしでした。割り込みは当たり前、窓から乗り出してボンネットを叩いたり、それはそれは野蛮でした。

でも日本人はそこまではしませんよね。だけど車に乗るとついつい自分が王様になったようになってしまうので気を付けたいところです。事故車 査定で車がどんどん売れているのも車社会ならでは。